SUN GRIP開発ストーリー

SUN GRIP Story

私は、日本でも有数の雪深い新潟県高田市で生まれ育ち、小さい頃より、自宅の裏手にあったスキー発祥の地として知られる金谷山で、スキーの練習に励み国体にも出場しました。

スキーの道具は、年々技術革新が進み、スキーウェアもどんどん進化して行きました。

ところが、日本がバブル経済となった1980年代になると、スキーウェアは、華美になって金色の金具が一杯つけられるようになったのです。

1980年後半になるとスキーウェアはスポーツの為の機能ではなくなり、ファッション的な要素の方が強くなり、

余計な金具が一杯取付けられたずっしりと重たい服となってしまったのです。

この当時、スキーを一日滑るとなんだか非常に疲れるようになり、スキーウェアを脱ぐときに、この非常に重たい服を

何とか軽くできないか私は考えました。

当時、イタリア製のFiocchiの特大サイズのスナップボタンを輸入して、各スキーメーカーに販売していて、

一着にこの特大サイズのスナップボタンが、20個位使われていた為、スキーウェアのファッション性を損なわずに軽くする為に、プラスチック製にしようと思いました。

様々な研究を重ねてイタリアのFiocchiのALFA3というスナップボタンを参考にして、1990年初頭にSunGrip SG1000を開発しました。

デザインCapの重さを含めて、重さは金属製の1/3にすることができました。

引き続き、SG800 SG600 SG300を開発し、様々な用途向けに使用されるようになりました。

1997年にボタンとして初めて、グッドデザイン賞を受賞し、2012年に発売継続10年以上の商品デザインに対して、ロングライフグッドデザイン賞、さらに2013年に国際的なデザイン賞であるアジアデザインアワード銅賞を受賞しました。

>English

I was born and raised in Takada City, Niigata Prefecture, one of the snowiest places in Japan.

Since I was a kid, I’ve practiced in the back of my home, known as the birthplace of skiing. I participated in the National Sports Festival.

Skiing tools have undergone technological innovation year by year, and skiwear has been steadily developed. However, in the 1980s when Japan was experiencing a bubble economy, skiwear was made gorgeous with lots of metal accessories. In the late 1980s, ski wear was no longer not only satisfied with in sporting function, but also became stronger at fashion element; it became heavy and heavy within a lot of extra apparel.

When I was tired after a long day of skiing, I took off my ski wear, I was thinking about what I could do to make this heavy suit light.

We imported the Fiocchi's oversized snap buttons from Italy and sold to every ski manufacturer at the time. The oversized buttons inspired me to

consider how to use about 20 sets in a pair of ski suit.

In order to make it light without compromising the fissionability of skiwear, I wanted to make it in plastic material.

Through various researches and referring to the snap button ALFA3 design of Fiocchi in Italy, in early 1990, the brand Sun Grip SG1000 was developed.

Including the weight of the button CAP, the overall weight can be reduced to 1/3 of the original metal.

The SG800, SG600, and SG300 were subsequently developed and used for various purposes.

Won the Good Design Award for the first time as a button, and continued to be released in 2012 won Long Life Good Design Award for product design

for over 10 years, and the Asia Design Award Bronze Award, an international design award in 2013 was awarded.

>簡体字

我出生在以积雪深而闻名的新泻县高田市,从小开始就在家附近的日本最早的滑雪场金谷山滑雪场进行滑雪训练,后来获得了参加全国比赛的水平和资格。

滑雪器具随着时代的变迁而日新月异,滑雪服也在不断地进化,日本自1980年代进入泡沫经济开始,滑雪服上充斥着展示华丽的金属饰品。

那时的滑雪服已经不单单要满足运动功能,更要追求时尚性,进而衣服上配饰了诸多华而不实的配件,使得滑雪服越发的”沉重”起来。

某日,滑了一天的雪筋疲力尽的我,在脱下沉重的滑雪服的瞬间,产生了”能不能让滑雪服变得轻盈起来“的想法。

那时,我公司正从意大利进口Fiocchi超大钮扣,供货给各大滑雪服制造商,这让我有了灵感--”用大塑料纽扣取代金属钮扣“。

可以想象,一件滑雪服上,20多个大的金属扣被塑料纽扣取代后,既没有影响它的时尚性,又能使衣服变得”轻盈“起来。

本着这个思路,并参考了意大利Fiocchi Alfa3钮扣的设计,经过反复实验,终于于1990年初,我公司开发出了SunGrip SG1000这个系列。

塑料纽扣的整体重量减少到了金属钮扣的三分之一。在此之后,为了满足各方的需求,又陆续开发了SG800,SG600以及SG300等纽扣系列。

SunGrip纽扣的获奖经历:1997年作为纽扣,首次荣获了日本”GOOD DESIGN奖“; 2012年,因为本产品长盛不衰10年以上,

再次荣获日本”LongLife Good Design奖“。2013年被授予国际设计奖-"Asia Design Award"铜奖。